令和2年9月分から厚生年金の等級追加!高所得者は負担増

サラリーマンのお給料から引かれる厚生年金。給料の金額に比例して徴収額が大きくなりますが、令和2年9月分から高所得者の方が負担が大きくなります。

給与計算をする方は要注意です!

31等級→32等級に!標準報酬65万円が追加

厚生年金保険料率は平成16年から平成29年まで段階的に引き上げられ、その後料率・等級の変更はありませんでした。

令和2年4月現在の厚生年金の等級は31(標準報酬62万円)が最高であり、給料がどれだけ高くなろうと厚生年金の負担は最大56,730円でした。

しかし、令和2年9月分から等級32(標準報酬65万円)が追加され、厚生年金の負担は最大で59,475円となります。

等級が31以下の人については変更はありませんのでご安心ください。


算定基礎が反映されるタイミングで等級変更を!

新しい等級は令和2年9月分から適用されます。しかし、いつの給料から変更されるかは会社の処理方法により異なります。

〔翌月徴収(原則)の会社〕

令和2年10月払いのお給料から適用されます。

〔当月徴収の会社〕

令和2年9月払いのお給料から適用されます。

これらは会社が一番最初にどちらを選択したかによります。給料計算をする方は自分の会社がどちらに該当するのかきちんと把握したうえで計算をしましょう。算定基礎届の決定通知書等級が記載されますので、金額とタイミングを間違わないように!

サラリーマンの方は会社が計算してくれるので何もしなくて大丈夫ですが、自分の給料がしっかり計算されているか確認した方がいいですよ。結構間違いがありますからね。

コロナの影響で延期される可能性は?

令和2年4月現在、コロナの影響により深刻な経済危機となっております。個人の負担が増える厚生年金の等級追加について、なにか動きがあるかもしれません。常に最新の情報を集めるようにしましょう。

大阪本町の田税理士